2009年02月13日

事故現場

   今日は、子供を幼稚園に送ってから、その足で外出先まで自転車で向かいました。午前中に仕事を済ませてからオフィスへの道のりで、事故現場に遭遇しました。

   まだ現場には事故をしたトラックが残されていて、パトカーが2台止まっており、警官が交通整理をしていました。トラックの近くには、無残にもバラバラになった自転車のパーツが転がっていて、タイヤはグニャグニャに曲がっていたところを見るともろに踏まれたのだと思います。また、靴下や衣類の一部も道路の上に残っていて、すぐそばには血たくさん残っていましたが、ただただ事故に遭われた方の安否を願います。

   以前からずっと思っているのですが、車を運転していても、自転車に乗っていても、歩いていても、トラックの乱暴な運転が目立ちすぎます。全員が全員とは言いませんが、普通の乗用車と比較しても余りにも多い傾向です。日常運転しているから運転慣れしているという過信とぶつかっても自分は安全だと言う安心感からか、運転が乱暴になっていくのでしょう。

   これまで幾度と無く、高速で煽られたり、道で強引に割り込まれたり、自転車に乗っているときはトラックを至近まで寄せられたりしましたが、本当にこういうドライバーが居る限り悲惨な事故は無くならないのだと思いました。過去に高速で普通乗用車に衝突し、幼い命が失われたのは今でも鮮明に覚えています。

   今日は外出先に寄ってから、会社で仕事をして帰宅しましたので、58km走行しました。

GoodJob!
posted by 自転車サラリーマン at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | マナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。