2008年08月18日

一人旅(前編)

   週末は金曜日から3日間、一人旅に出て居ましたので、更新することができずにすみませんでした。妻と子供が留守にしていたので、何か自分一人でしかできないことをしたいなあと思ったら、即実行に移していました。私の母の故郷になるのですが、自宅から200km以上も離れた温泉地です。行くことを決めたのは木曜日の朝で、会社帰りには親せきへのお土産を買っていました。帰宅して着替えを詰め、いつもより早めに床に着きました。

   一人旅決行の初日の金曜日は、6時には起きて6時半に家を出ました。空は晴れ渡り、暑くなりそうな予感がしました。1時間も走ると汗がジワーっと出てきて、先が思いやられるなあと思いましたが、ひたすら頭の中に思い描く地図を頼りになんとなく進み続けました。前日にネットでだいたいのルートを見た程度なので、かなりいい加減だったのですが、案の定変な道に入ってしまい、軽く10kmほどはロスしてしまいました。地図を持って行くと荷物になるので、なんとかなるとか勝手に思っていたのが甘かったです。9時半頃に休憩も兼ねてマックで朝食を取りましたが、思っていたよりも進んでなくて少し不安になりました。ただ、途中リタイアも想定していたので、親戚には行くことすらも伝えてなかったから気持ちは気楽でした。朝食後はルートを修正して進んで行ったものの、何度も何度も道を間違えながら、自転車を漕ぎ続けました。

   昼を過ぎたころになると、一段と日差しと暑さも増してきて、頻繁にコンビニに立ち寄って、頭から水をかぶり、飲料水を2本まとめて買っていました。とにかくずっと太陽が出ていて強烈な炎天下だったので、照り返しがきつく熱中症と脱水症にはならないように気を遣いました。途中頭がクラクラすることもありましたが、15時過ぎになるとゴールも見えて来て、親戚宅へそちらへ向かっていることを電話で伝え、泊めてもらうことをお願いしました。夕方になるとようやく太陽も隠れて、涼しさを感じるようになりました。ただ、猛暑によって削られた体力はかなり限界になっていて、最後の方の上り坂はほとんど自転車を押して上がりました。到着を目前にして空にどんどん雲が広がり、雷が鳴って雨が降り始めましたが、私には恵みの雨でした。結局、親戚宅に辿り着くまで、10本の500ml(5リットル!)の水分を取り、11時間かけて197kmを走りました。途中いろんなところで、道行く人、コンビニの店員、タクシーの運転手などに道を教えていただきながら、励まされて何とか辿り着くことができました。

   旅の行方は明日以降に続きます。

GoodJob!
posted by 自転車サラリーマン at 22:53| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは

更新がなかったので
体調を崩しているのかな〜と思っていました。

暑さだけでもストレスなのに道を間違うってかなりの重労働になりましたね。ゆっくり体を労わって下さい。
Posted by 愛煙家 at 2008年08月18日 23:12
愛煙家さん

ご心配いただいてすみません。
これまで経験もしたことのない未知の領域でしたが、今日になってジワジワと達成感を感じ始めているところです。
体の節々も痛みますが、痛みとともに実感が湧いてくる感じですね。
お気遣いいただきまして、ありがとうございます!
Posted by 自転車サラリーマン at 2008年08月18日 23:49
この暑い中1日に200km近くも走るなんてすごすぎます。
オリンピックのトライアスロンを見ていてこの暑い中、
水泳1.5km、自転車50km、マラソン10kmは、
すごいと思いましたがそれ以上ですね。
Posted by チョモ at 2008年08月19日 02:54
はじめまして!クーマです☆

200km近く自転車はすごいですね!

僕も運動大好きなんですが、自転車で旅することはまた違ったおもしろさがあるんですね☆

すごく自転車に魅力を感じます☆
Posted by クーマ at 2008年08月19日 03:27
197kmってスゴすぎ!
しかも炎天下
無事辿り付いて良かったです
Posted by 水葱 at 2008年08月19日 05:06
私も昔、一人旅が趣味でした。
今は、なかなか。
応援ポチ!
Posted by 山口ジジイ at 2008年08月19日 06:42
チョモさん

コメントありがとうございました。
いえいえ、距離的には上回っていますが、途中休み休み進んでいきましたので、暑さには結構やられましたが、気楽なもんでした。

クーマさん

はじめまして!コメントいただき嬉しいです。
私も人生初の自転車旅行だったのですが、車と違って下の道を通りますし、景色がゆっくりと進むので、違った楽しさがありましたよ。
ぜひ近場からでもサイクリングを始めてみてください。特に秋からは楽しいと思いますよ。

水葱さん

こんにちは!
なんとか無事戻ってこれました。
あの炎天下は確かにすごかったですね。
本当にこんな中でゴールまで辿り着けるのだろうかと思いながら進んでいきましたが、途中どこかで泊まったり、野宿してもいいやぐらいの楽な気持ちで漕ぎ続けたのが良かったのかもしれません。
Posted by 自転車サラリーマン at 2008年08月19日 12:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。